読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukata

日々出会ったIT技術関連の所感やら紹介やら

Gehirn(ゲヒルン)のRS2登録と、baserCMSのインストール

Gehirn(ゲヒルン)のRS2がどんなものか試してみたくて登録してみました。デフォルトでPHPが使えますので、とりあえずbaserCMSをインストールしました。

特に難しい手順はなく、と言うかびっくりするぐらいにあっさりと完了し、しかも標準でWAF(Webアプリケーション・ファイアウォール)がついているので、アプリケーションのセキュリティも高く保てます。

以下、簡単ですが手順を書いておきます。


Gehirn(ゲヒルン)のRS2を登録


1. まずはGehirn(ゲヒルン)でアカウントを取得
https://cp.gehirn.jp/#!/register

2. コントロールパネルから請求先情報を登録する
https://cp.gehirn.jp/#!/ID/account

3. RS2を新規契約
https://cp.gehirn.jp/#!/RS2/signup

※詳細な手順は以下に記載されています。
http://support.gehirn.jp/manual/rs2/idcreate/


SSHでログイン

コントロールパネルのRS2の、契約一覧から、対象プランの「設定」ボタンをクリックします。

次に、SSHタブから、「公開鍵の管理」ボタンをクリックし、

そこから、「キーペアを生成する」ボタンをクリックしてPKCSの2048bitでキーペアを生成すると、ローカルPCに秘密鍵がダウンロードされます。

そしてダウンロードした秘密鍵の権限を変更し、その鍵を指定してGehirn RS2のサーバへSSHログインします。

$ chmod 600 xxxxx.key  // ダウンロードされるファイル名は毎回異なります
$ ssh -i xxxxx.key [SSHユーザ名]@[IPアドレス]


baserCMSインストール

ドキュメントルート以下に(コントロールパネルで設定可能)、baserCSMをダウンロードし、展開します。

$ cd /home/{ホスト名}/public_html
$ wget http://basercms.net/packages/download/basercms/2.0.5.1
$ unzip 2.0.5.1


mysqlのデータベースを作成します。
コントロールパネルのRS2タブから、データベースタブをクリックし、「データベースを追加する」ボタンをクリックしてデータベースを作成します。
今回は手動で登録はありませんが、以下のようにデータベースへアクセスできます。

$ mysql -u {ユーザ名} -p  // ※ユーザ名は、登録したデータベース名と同じ


そしていつも通り下記のURLへアクセスし、インストールを開始します。

http://{ホスト名}/basercms